格安SIMにするだけで数千円お得!?

格安SIMの事について書いていきます。面白くて、見やすい記事にしたいと思っています。

海外2泊3日に行った場合、どれくらいの料金がかかる?

 実際に海外に行った場合、SIMの種類によって、どれだけ価格が変わるのでしょうか。                

台湾へ2泊3日行ったとしてシミュレートしてみましょう。

 

キャリアのローミングを利用する場合は3000円程度

 キャリアのローミングを利用して定額プランであれば、1日最大3000円程度程度、

3日なら9000円かかります!

グローバルSIMなら1日1GBなら5000円程度

 日本でグローバルSIMを購入する場合は、初期料金としてSIM代に2580円かかり、

データ量は別途チャージが必要です。

例えば、1GB使うなら+2400円で5000円かかる計算になります。

購入したSIMは何度も使えるので、2回目以降の海外旅行ではさらにお得になります。

現地でSIMを購入すると最もお得

 現地でSIMを購入するのが一番お得です!

台湾の場合は、3日使い放題で1100円と格安。

敷居は高く感じられるかもしれませんが、

料金的には断トツでオススメ!

 

貼るSIMor現地SIMも有力候補 海外旅行用格安プリペイドSIMランキング8選

セカンドチョイスとして「FLEXIROAM XCITE53 1GBパック」をオススメ!

f:id:dk19850213:20190909080248j:plain

普段使っているSIMを土台にセットして、ガイドに沿ってSIMを貼り付けます。

貼り終えたらそのままスマホにセット。設定を切り替えればOK

なお プルペイドSIMには「設定は必ず出国前に行ってください」と書かれている事が多いですが、これは日本じゃないと設定できないという意味ではなく、設定するための通信環境が必要という意味です。多くのSIMはスマホに挿すだけでは通信できず、WiFiを経由して、まずSIMの登録や設定をする必要があります。つながらなかった場合のサポートという意味でも、出国前に設定することをおすすめします。

f:id:dk19850213:20190909135016p:plain

 

 

 

 

 

 

 



 



 

 

 

わかりやすくて、ちゃんと速い! GIGSKY(ギグスカイ)がオススメ!

GIGSky

GIGSky                                        

本体SIM購入価格▲2580円      

SIM代+最低開通費用 2580円

1GBチャージ最低費用 4200円

平均DL速度 約23.9Mbps            

f:id:dk19850213:20190909064830j:plain

 

チャージ単価も有効期限も良心的な設定で使いやすい!

シンプルでわかりやすい仕組みにまず好感。

 多くのプリペイドSIMだと入力項目が多いですが、その点、本SIMは、登録事項はごくわずか。

ペイパルの決済にも対応

最低限の個人情報だけで通信を始められます。

通信はLTE対応、現地計測でダウンロード23.9Mbpsをマーク

 旅行で使うには十分! 本体価格にはサービスチャージとして100MBが含まれているので開通の確認が可能。

 

 


                                     

 

 

 

    

どの海外旅行用SIMがおすすめ?

海外旅行用SIMを選ぶ 6つのポイント
①初期費用の明朗度
SIMそのものの価格もバラツキあり
 アマゾンで手軽に購入できるものから 専用サイトで購入できるものまでさまざまです。また本体料金にサービスチャージとして30MB~1GBの
通信費が含まれている商品もあり、そういった商品はお得感があります。 

f:id:dk19850213:20190706192620p:plain

初期設定の親切度

スマホ画面でも設定しやすいのは少数派

 プリペイドSIMという性質上、多くの人がスマホ上で設定すると思われるにもかかわらず、スマホからでもサクサク登録しやすい
業者は少数派。

 

チャージ料金の明朗度

料金も有効期限も結構違うんです

 プリペイド特有のチャージ。国ごと地域ごとに金額が異なるSIMもあれば、
一律料金のSIMも。また特定の地域だけ非常に安いSIMも多く、渡航する国に
適したSIMを選ぶことで、よりお得な通信環境を手に入れることができる
ようになります。

     比較ポイント

     ◎サービスチャージはあるか?

     ◎チャージの有効期限は?

                   ◎SIMの有効期限は?

                   ◎最低チャージ可能容量は?

安定した通信速度

LTE非対応のSIMも多いんです。

このご時世、当たり前の4GLTEに対応しているかと思いきや、実は非対応であることも珍しくありません。

個人情報の必須度

海外業者は住所不要が基本

 多くのSIMでは、オンラインでのアクティベーションが必要です。その際、どこまで個人情報を入力する必要があるかは、各社で差がありました。メールアドレスだけでOKなものから、住所まで登録させるものまで。また、クレジットカードの代わりにPaypal決済でOKなSIMもいくつかありました。

 

オプションの充実度

通話マストという人はココ重要です

今回はデータ通信用のSIMを比較しましたが、サービスによっては通話にも対応します。 いわゆる音声通話付きのSIMもあれば、楽天のように国内電話の転送に対応するサービスなども。 通話が必要な人は、オプションの充実度をチェックしましょう。

 

 

 
 

海外旅行なら「プリペイドSIM」普段の使い勝手でより安いのは?

海外旅行用SIMとは?

 登録は不要ですが、国内電話のような維持費は不要です。

利用する前にチャージした分だけ利用できるSIMです。

国や地域によってチャージ金額は異なりますが、

レンタルWiFiよりも料金的に安いサービスが多くあります。

また、一度購入したSIMは海外旅行に行くたびに利用できるので、

2度目以降はよりお得になるのも魅力です。

 

まずはSIMフリー端末を準備

f:id:dk19850213:20190630160302j:plain

 

2 旅行する国で使えるSIMを購入する

f:id:dk19850213:20190630161443j:plain

3 ネット環境のある場所でセットアップ

f:id:dk19850213:20190630162114j:plain

 A 購入したSIMは挿すだけでは使えないものがほとんどです。

オンラインでの登録やスマホ自体の設定などが完了した時点で利用可能となります。

 

海外旅行用SIMのメリット

 LTE回線を安く利用できる

 SIMによっては50Mbps以上の通信速度

◎ ほぼいつも同じように使える(電話番号は除く)

◎ プリペイドなのでパケ死の心配がない

 LINEなどもそのまま使える 

 

海外旅行用SIMのデメリット

SIMフリースマホが必要

詳細な設定が必要な場合がある

帰国後、元に戻す設定が必要

 

 

 

 

 

 

 

 

格安SIM乗り換え手順

 

まず乗り換えのベストタイミングは?

A 2年から2年2か月目まではOK

まずこの期間に乗り換えないと違約金で

3キャリアとも9500円と高額な違約金を

取られてしまう

店舗にいけば教えてくれるので

事前に確認しておきましょう

 

1      MNP予約番号を取得しよう

        今契約している携帯会社に連絡(SMSで送信している携帯会社もあります)
   注意しなければならないのはMNP予約番号は有効期限は15日あるのだが、有効期限は10日以上ないと申し込めないので注意しましょう!  有効期限が切れてしまった人は再発行してもらいましょう
   
 
2 今使っている機種が乗り換え先の携帯会社で使えるか確認
  自分が乗り換えたい携帯会社の公式サイトで調べられるので
  よく確認しておきましょう
 
3   SIMロックを解除しよう
  SIMロックとは?
       A (携帯電話に入っている電話番号などの情報を記録しているのがSIMカード)
            (このカードに特定の通信業者しか使えない状態になっているのがSIMロック)
            (つまり他の業者のSIMカードを差しても使えない状態になっているのです)
  他社への乗り換えができないSIMロックがかかっているときは
  公式サイトや店頭でSIMロックの解除手続きを申し込みましょう
  解除手続きは携帯会社のマイページからなら無料です
 
 申し込む前に必要な物を準備しよう
1  本人確認書類
2 クレジットカード
3 メールアドレス(キャリアメールは使えないので注意しましょう)
4   MNP予約番号
          
 いよいよ申し込みましょう!
            
1  自分に合うプランを選択 
  今のままのスマホを使う場合はSIMカードのみ
   新しくスマホを買う場合は端末+SIMカードを選択
    
        自分のスマホに合うSIMカードのサイズを選ぼう
 オプションで端末保障は申し込み時にしか加入できないので注意しましょう
 
2  お客様情報を入力
A 本人確認書類を準備(運転免許証、健康保険証 パスポートなど)
     本人確認書類と同じ情報を入力
 本人確認書類をカメラで撮ってアップロード
  ID、パスワードを設定
 
 回線の切り替え
   SIMカードスマホは本人確認の翌日から一週間以内に到着
  利用開始手続きを各携帯会社のマイぺージでする
  利用開始手続きが完了すると新しい携帯会社との契約が始まって
  今までの携帯会社との契約は自動で解約されます
 

 

 

 
 

 

 
 
 
 
 
     
 
    
 
  
          
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

格安SIMにするだけで数千円お得!?

   目次

 

格安SIMとは?


通信料やサービスなどに制限はあるが、安価で利用できるSIMカード
多くは仮想移動体通信事業者MVNO)によって提供される。

MVNOってなに?


3代キャリア(MNO)から回線を借り受けてサービスを提供している会社

 

   MNO 

         docomo   au     softbank

                 

              MVNO 

 

      マイネオ 楽天モバイル LINEモバイル 
  UQモバイル Y!mobile イオンモバイル

 

大手キャリアとの違いは?

A 通話と速度が少し違います 普段使いには十分もキャリアには及ばず  3代キャリアとの大きな違いが速度。 以前と比べ速度が安定されたが、キャリアにはまだ及ばない

速度が遅くなりやすい時間帯ってあるの?

A  サラリーマンの出退勤時間 ランチタイムは遅くなる傾向にあります アクセスが集中する時間帯は低速になる傾向に  電車のなかで一斉にスマホにアクセスする出退勤時間や12時台のランチタイム、帰宅後の18時~22時台は低速になりがち

SIMロックのデメリットは?

A 使えるSIMの会社が限定されることです。 端末を販売した事業者のSIMしか使えない  SIMロックがかかった端末は、 基本的に端末を販売したキャリアのSIMしか使えません!  SIMロック解除には使用期間など、 一定の条件が設けられているため、手軽に行えないこともネック

SIMフリー端末って何?

A  キャリアのSIMロックがかかっていないスマホのことです どこの業者のSIMカードを差しても使える  キャリアでは他社のSIMを差し替えても使えないようにロックがかけられている。 このロックがかかっていないもしくは解除されている端末をSIMフリー端末と呼ぶ。

 

格安SIMにはどんな種類があるの?

 

    データ

 こんな人にオススメ

 タブレットとして使いたい

 通話用のスマホは別にある 

 

        音声

  こんな人にオススメ

  携帯は1台で済ませたい

  通話もしたいし料金も下げたい

 

     無制限

  こんな人にオススメ

       Wi-Fiルーターとして使いたい

  とにかくデータ通信料が多い

 

A  データSIMはデータ専用なので要注意!通話もしたいなら音声SIMを選ぼう

 

     

格安SIMをおすすめできる人

  

 格安SIMが安いのは広告費や人件費を抑えているから!

ショップも少なく何かトラブルがあっても自分で何とかしなければならない。

 またキャリアから乗り換える手続きも自分でしなければならない!

手続きって何して良いかわからない、トラブルがあった時に店舗が

あると安心な人は3大キャリア、Y!mobileがおすすめ!

Y!mobileなら格安SIMでありながら全国どこでも店舗があるので

キャリアからの乗り換えもお店でやってもらえます!

 

乗り換える際の注意ポイント!

A キャリアと比べて通信速度が遅い!

A ほとんどがクレジットカード引き落とし!

A    乗り換えの時期によっては違約金が発生!

A    キャリアメールが使えない!

 

 

 

   

格安SIMおすすめ5社

 

ケイ・オプティコム

mineo(マイネオ)

対応回線 docomo  au  softbank

 

f:id:dk19850213:20190301204053j:plain

mineo(マイネオ)のメリットとは?

1 月額料金が安い

 

値段の割に通信速度は遅くない

 

3 フリータンクで毎月1GBまでパケットを分けてもらえる

 

mineo(マイネオ)のデメリットとは?

 

1 昼すぎから帰宅ラッシュの時間帯に通信速度が落ちる

 

2 無制限のかけ放題サービスがない

 

3 iPhoneテザリングができない

  

  LINE

LINE モバイル 

対応回線 docomo softbank

f:id:dk19850213:20190301221023j:plain

 

 

LINE モバイルのメリットとは?

 1 格安SIMで唯一LINEの年齢認証が可能でID検索が解放される

 2 LINEとの連携で月額基本料金の1%分のLINEポイントが貯まる仕組みも
   (3GBプランならポイントが3%に)

 MUSIC+プランに加入すれば聴き放題サービスであるLINE MUSICが

     データフリーに  

 

LINE モバイルのデメリットとは?

1     各プランの料金は平均よりやや高め

2 低速モードへの切り替えができない

  (格安SIMによっては切り替えができるところもある)

3 大容量プランがない(最大容量は10GB)

 

UQ コミュニケーションズ 

UQ モバイル  

対応回線 au

 

f:id:dk19850213:20190303143408j:plain

UQモバイルのメリットとは?

1 格安SIMとしては通信速度が他社より速い

  (低速モードに切り替えても300kbpsと他社より速い)

2   格安SIMとしては珍しく「UQスポット」という店舗が全国にあるので

  店舗がないと不安な人にはオススメ!

3 公衆無線LANサービス「Wi2300」を無料で使う事ができるので

    パケットの節約になる!

UQモバイルのデメリットとは?

1 キャリア並みの2年絞りがあり、2年目以降は価格が上がる

2   通話サービスが弱い(定番の10分かけ放題サービスなどは用意されていない)

3 料金プランは少ない(主な料金プランは2種類、2GB、6GB、16GBなど)

 

    ソフトバンク

    Y! mobile 

 対応回線 softbank

f:id:dk19850213:20190303173333j:plain

Y!mobileのメリットとは?

1  全国に販売ショップがあり、契約のしやすさやサポートはキャリア並み

2  国内通話がかけ放題になるオプションがあり使い勝手はキャリア並み  

  (他の格安SIMでも10分間定額プランはあるが完全な定額プランはY!mobileのみ)

3 自社の通信設備を保有しているため通信速度は3大キャリア並み

 

Y!mobileのデメリットとは?

大手キャリア同様に2年絞りがあり、2年以内に解約すると違約金が発生

2 店舗があり、大手キャリア並みの通信速度がでるため月額料金はやや高め

3  データ量の翌月繰り越しができない

  (他の多くの格安SIM業者は1か月に限りデータ量を繰り越すことができる)

 

NTT コミュニケーションズ

OCN モバイル ONE

対応回線 docomo 

f:id:dk19850213:20190303201252j:plain

OCN モバイル ONEのメリットとは?

1 通話のオプションが充実している

 10分かけ放題   トップ3 かけ放題 

  850円   850円

  かけ放題ダブル  1300円 

     

2 全国の家電チェーン店に 

 即日受渡カウンターを設置している

f:id:dk19850213:20190303203358j:plain

3 パケットの日割りプランある

  パケットを計画的に使えず月末に足りなくなる人にはおすすめ!

 

OCN モバイル ONEのデメリットとは?

1 通信速度は大手キャリアに劣る(特にお昼・通勤時間帯は遅い)

2   お得なキャンペーンが少ない

3   完全かけ放題オプションがない